『ツール・ド・ふくしま』は参加料が安い?高い?有名なロードレースと比較してみた。

こんにちは、

ミズとアブラ夫婦ブログのねこまです。

 

初めてロードレースに参加したいと思っているが、

ツール・ド・ふくしまが、

参加料が安いって聞くけど実際どうなのか知りたい

 

また、ツール・ド・ふくしまは、

福島県の自転車促進のために、

 

採算度外視で行っているって話を、

聞いたことがあって、

 

他のレースは参加料がいくらなのか知りたい

 

 
ねこま
などと思っている方は多いのではないでしょうか?
 

 

私は、2020年から、

ツール・ド・ふくしまに参加しているのですが、

参加料が安いって話は聞いたことがあるけど、

 

 
ねこま

他のレースに参加したことがなくて、

参加料が、高いのか安いのか、

よくわからなかったんですよね。

 

しかし、国内の有名なレースの参加料と比較してみたら、

 

ツール・ド・ふくしまの、

参加料は他のレースと比べて

とても安いことがわかりました

 

また、ツール・ド・ふくしまは、

参加資格も緩めなので、

 

レース初心者でも参加しやすいことがわかりました。

 

それでは、国内の有名なレースと比べて、

ツール・ド・ふくしまの参加料がどれ程安いのか、

参加資格など含めて説明していきます。

 

比較レース1、富士ヒルクライム

 

富士ヒルクライムとは、

日本最大級のヒルクライムレースです

 

世界遺産・富士山を舞台とし、

約10,000名のサイクリストが健脚を競います。

 

受付が行われる大会前日は、

『サイクルエキスポ』

『トークショー』などのイベント盛りだくさん

 

大会当日だけではなく2日間たっぷりと、

自転車を楽しむことができます。

 

引用元 富士ヒルクライムホームページ

 

参加料

 

・19才以上11,000円、19歳以下7,000円。

 

距離

 

・24㎞ 

・1㎞あたり約460円(参加料11,000円で計算)

 

参加資格

 

・12才以上の健康な男女で、

制限時間内に完走できる体力のある方。

 

車体重量

 

・制限なし、主催者や審判が危険と判断した車両での出走を禁止する。

 

例)部品欠損(ハンドルを切る、ブレーキを取る、バーテープを巻かない),

整備不良、過度な改造品など。事細かに注意事項が記載されている。

 

ツール・ド・ふくしま比較対象レース、磐梯吾妻スカイラインヒルクライム(2021)

 

比較レース ,土湯温泉側

 

参加料

 

・土湯温泉側全カテゴリ7,000円。

 

距離

 

・32㎞。

・1㎞あたり約219円

 

参加資格

 

・小4以上の健康な男女

(1年以内に手術経験がある方は、

必ずご相談ください)

 

車体重量

 

・制限あり、6.7㎏を下回らないことが『必須条件』

 

比較1結果

 

参加料は、富士ヒルクライム11,000円、

 

磐梯吾妻スカイラインヒルクライム7,000円で、

 

ツール・ド・ふくしまの

磐梯吾妻スカイラインヒルクライムが、

4,000円ほど安く、

1㎞換算でも約半分の金額となりました

 

参加資格は、どちらもそれ程かわりませんでした

 

 

 

比較レース2、ツール・ド・おきなわ(2019)

 

ツール・ド・おきなわとは、

観光地である沖縄の特性を生かして、

純粋なレースだけでなく、

 

さまざまなイベントを組み合わせて、

開催されているレースイベント。

 

210kmを筆頭に140km、100km、50km、

40km、10kmの各レースが開催される。

 

なかでも市民レース部門最長の210kmクラスは

「ホビーレーサーの甲子園」と称され

 

全国から強豪市民レーサーが集まる

非常にハイレベルなレースとして知られている

 

ロードレースの他にも、

2日間をかけて沖縄本島を1周する、

 

全行程336kmの「本島一周サイクリング」を、

はじめとした距離別・目的地別の、

サイクリングイベントが、

 

2日間にわたって各種開催され、

日本で開催される自転車レースの中でも

屈指のビッグイベントとなっている

 

引用元 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

比較レース、市民レース50㎞オープン 

 

参加料

 

・14,000円

 

距離

 

・50㎞

・1㎞あたり約280円。

 

参加対象

 

・高校生以上の男子、

尚且つ50㎞を1時間30分以内で完走できるもの。

 

※JPCA登録選手、競輪選手は参加できません。

 

特別規則

 

・フィニッシュラインを1時間30分より

超えて完走した者には順位を与えません

 

ツール・ド・ふくしま比較対象レース、小野こまちロードレース(2021)

比較レース、 クラス3

 

参加料

 

・5,000円。

 

距離

 

・49㎞

・1㎞あたり約102円。

 

参加資格

 

・小4以上の健康な男女

(1年以内に手術経験がある方は、

必ずご相談ください)

 

※小学3年生以下などは、

全国大会において上位成績の場合、

参加を認める。(公道のため経験が必要)

 

比較2結果

 

参加料は、ツール・ド・おきなわ14,000円、

 

小野こまちロードレース5,000円で、

 

ツール・ド・ふくしまの

小野こまちロードレースが

9,000円ほど安く

1㎞換算でも約3分の1の金額となりました

 

参加資格は、ツール・ド・おきなわの、

 

50㎞を1時間30分以内に走り切るというのは、

正直初心者にはきつそうです。

 

また、フィニッシュラインを

1時間30分より超えて完走した者には順位を与えません』、

というのも結構厳しいですね

 

それに対して、小野こまちロードレースは、

基本的に健康だったら大丈夫です。

 

 

まとめ

 

比較1

 

参加料は、磐梯吾妻スカイラインヒルクライムが

4,000ほど安く、1㎞換算でも約半分

参加資格は、どちらもそれ程変わらない。

 

比較2

 

参加料は、小野こまちロードレースが

9,000円ほど安く、1㎞換算でも約3分の1

参加資格は、ツール・ド・おきなわは

初心者には厳しい印象

 

 

 

国内の有名なレースと比べると、

 

ツール・ド・ふくしまの参加料はとても安く

1㎞換算でも約半分以下の金額で走れるため

とてもお得だということがわかりました!

 

また、参加資格も緩めなので、

初心者でも、

とても参加しやすい

レースだということもわかりました

 

このように、

ほかのレースと比較してみたことで、

 

改めてツール・ド・ふくしまの、

魅力がわかることができました。

 

 
ねこま

もはや、福島県の自転車乗りは

参加しない理由がないですよね

 

 
ねこま

今後も、初心者向けに、

2021年のツール・ド・ふくしまの、

情報を発信していきたいと思います。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!