ロードバイクを室内で乗れる、3本ローラー『エリートアリオンマグAL13』を使ってみた

ロードバイク

こんにちは、

ミズとアブラ夫婦ブログのねこまです。

ロードバイクを購入し、乗り始めたが、

せっかくの休日なのに、天気が悪くてロードバイクに乗れない。

冬になると、寒くてロードバイクに乗れない。

ダイエット目的で毎日乗りたいが、

平日は仕事が遅くて乗る時間がないし、

休みでも、天気が悪くて乗れない。

などと、思っている方は多いのではないでしょうか。

私も、ダイエット目的でロードバイクを始めましたが、

平日は残業があると乗れないし、

休日でも、天気が悪くて乗れない時期が続きました。

しかし、そんな悩みも、

3本ローラーを使用して、家の中でもロードバイクに乗れるようになったことで、解決しました。

3本ローラーとはどんなものなのか、順を追って説明します。

ローラー台とは

日常のエクササイズから、悪天候時に室内で、トレーニングできる装置です。

ローラー台は大きく分けて、固定ローラーと3本ローラーの2種類があります。

固定ローラーとは

前輪、後輪の両方を固定し、後輪側をローラー台にセットして使用する。

固定ローラーのメリット

前輪、後輪共に固定されているため、

バランスを崩して転ぶ心配がない。

静粛性に優れている構造の製品もあり、

夜のアパートやマンションでも、問題無く使用できる。

固定ローラーのデメリット

バランスを取る必要が無いので、飽きやすい。

負荷装置にタイヤを押しつけて使用するため、

実走以上にタイヤが減りやすので、ローラー台用のタイヤが必要になる。

3本ローラーとは

前輪部に1つ、後輪部に2つ、計3つのローラーの上で、

バランスを取りながら、ロードバイクを走らせる。

3本ローラーのメリット

自由に回転するローラーの上を走るので、タイヤはあまり減らない。

普段走っている状態のロードバイクをそのまま使用できるため、

ローラー台用のタイヤなどの準備が必要ない。

バランスを取りながら、ロードバイクを走らせるので、

実走に近く、飽きにくい。

3本ローラーのデメリット

負荷装置付きの製品はあるが、

固定ローラーほと負荷をかけることはできない。

固定ローラーと比較すると静粛性は劣る。

コツをつかむまで、バランスをとるのが難しい。

私が3本ローラーを使っている理由

実走に近く飽きにくい点と、

普段走っている状態のロードバイクを、そのまま使用できる点が良いですね。

ほぼ毎日といっていいぐらい使用しているので、

手間がかからず、飽きにくいのが良いです。

私は、持ち家なので、3本ローラーを選びましたが、

アパートやマンションで、上の階に住む場合は、

騒音対策で気を使うかもしれないですね(汗)

3本ローラー、『エリートアリオンマグAL13』を使用してみて

私が、使用している、3本ローラーの『エリートアリオンマグAL13』は、

負荷調整機能が付いていて、

最大まで上げれば、スピードを抑えて乗ることができるので、

騒音対策になるかなと思います。

感覚的には、上り坂を登っている感じですね。

ローラー台に必要な物

ルームランナー用フロアマット 防音対策、床のキズ対策

汗ガード フレームの汚れ、サビ対策

ヘアーバンド 汗対策

扇風機 汗対策

3本ローラーの限らず、ローラー台は汗対策が必須になります。

ホントに信じられないくらい汗をかきます(汗)

まとめ

  • ローラー台とは、日常のエクササイズから、悪天候時に室内で、トレーニングできる装置。
  • 固定ローラーとは、前輪、後輪の両方を固定し、後輪側をローラー台にセットして使用する。
  • メリットは、固定されているため、バランスを崩して転ぶ心配がなく、静粛性に優れている
  • デメリットは、飽きやすいく、ローラー台用のタイヤが必要。
  • 3本ローラーとは、3つのローラーの上でバランスを取りながら、ロードバイクを走らせる。
  • メリットは、タイヤがあまり減らない。実走に近く、飽きにくい。普段走っている状態のロードバイクでそのまま使用できるため、手間がかからない。
  • デメリットは、固定ローラーほど負荷をかけることはできない。固定ローラーと比較すると静粛性は劣る。コツをつかむまで、バランスをとるのが難しい。
  • ローラー台を使用するときは、汗対策が必須である。

汗対策をしっかりして、毎日ロードバイクに乗って、

トレーニングや、ダイエットを続けて行きましょう

関連記事→初心者にオススメな 、コスパがいいロードバイクとは?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました