ロードバイク初心者が【小野こまちサイクルロードレース】に参加してみた!

こんにちは、

 

ミズとアブラ夫婦ブログのねこまです。

 

 

「長い距離を走れるようになったし、スピードも出して走れるようになったから、レースに参加してみようかな?」

 

「レースに参加してみたいけど、初心者が参加しやすい安全なレースってなんだろう?」

 

などと、思っている方は多いのではないでしょうか?

 

ねこま
ロードバイクで速く走れるようになってくると、自分の実力を試してみたくなりますよね?

 

しかし、ロードバイク初心者が初めてレースに参加するのは不安があるかと思います。

 

私も、ロードバイク初心者なんですが、

 

福島県内で開催されている、【ツール・ド・ふくしま】というレースに、

2021年は一年間参戦することができました。

 

ねこま

周りは、みんなビンディングペダルなのに、

私だけフラットペダルで少し恥ずかしかったですけどね。

 

そんな私が、1年間レースに参加して感じたことは、

 

初心者が一番参加しやすいレースは、

比較的安全なヒルクライムだと思いました。

 

そして、【ツール・ド・ふくしま】シリーズは、

初心者でも参加しやすいのでオススメです。

 

それでは、初心者にオススメなロードレースに適したロードバイクやロードレースの種類、

 

また、【ツール・ド・ふくしま】とはどんなレースなのかの説明と、

 

【小野こまちサイクルロードレース】に参戦した感想を説明していきます。

 

初心者向け、ロードレース参戦に適したロードバイクとは?

 

 

私がオススメする初心者向けの、ロードレース参戦に適したロードバイクは、

フレーム素材がアルミで、コンポーネントが105の、値段が15万円~20万円のものです。

 

 

初心者が参加しやすいロードレースとは?

 

 

初心者にオススメのレースはヒルクライムです。

理由は、登りで速度が遅いので、比較的安全だからです。

 

【ツール・ド・ふくしま】シリーズでは、ロードレース、ヒルクライム、タイムトライアルの3種類のレースが行われます。

 

ロードレース

 

特徴 交通規制した公道を舞台に行われます。

車がいないので、思いっきり走れます。かなり気持ちがいいです。

ルールはシンプルで、一番最初にゴールにたどり着いた人が勝ちとなります。

大人数で行われるため、勝つためには集団走行が必須ですが、

初心者のうちは、後方でついていくのがオススメです。

ちなみに、集団から離されたら終わりです。

 

ヒルクライム

 

特徴 交通規制した公道を舞台に行われます。

峠道を登り、スタートからゴールまでのタイムを競います。

集団走行の必要がなく、速度も遅いので比較的安全で初心者も参加しやすいです。

速い人は、スタートから抜け出して行くので、初心者は、気にせず自分のペースで登りましょう。

 

タイムトライアル

 

特徴 交通規制した公道を舞台に行われます。

選手一人ひとりが一定の時差でばらばらにスタートするので、初心者でも参加しやすいです。

基本的には他の人と並走することはなく、個人の力を純粋に試されるレースとなっています。

 

 

【ツール・ド・ふくしま】とは?

 

 

福島県内を巡る公道ロードレースシリーズです。

 

2017年11月に、LinkTOHOKUと葛尾村で開催した、

全国でも有数の距離・アップダウンを誇る、【ツール・ド・かつらお】をきっかけに、
福島民報社が温めていた、福島県内各地の公道ロードレースを、

シリーズ戦としてつなぎ展開する「ツール・ド・ふくしま構想」を具体化したものです。

2021年度は全7戦予定で個人年間総合優勝を競うシリーズ戦として展開します。

 

参加料は、初心者クラスなら4000円です。また、健康な人なら誰でも参加できるので、比較的参加しやすいレースとなっています。

 

引用元:ツールド福島ホームページ

 

【小野こまちサイクルロードレース】とは?

 

 

福島県内各地の公道で行われる【ツール・ド・ふくしま】シリーズの1戦として、

福島県田村郡小野町で行われるロードレースです。

【小野こまちサイクルロードレース】は、
東日本地区の小中学生が集まる大会に位置付けられており、

小学生と中学生はご招待(無料参加)となっているのが特徴です。

 

当初、8月に行われる計画でしたが、新型コロナ感染症の予防対策として11月3に延期されました。

 

引用元:小野こまちサイクルロードレースホームページ

 

レース前に準備する物

 

 

着替え

 

飲み物

 

プロテインバーなどの軽食できるもの

 

ハサミまたはペンチ

 

予備の結束バンド

 

空気入れ

 

レンチやドライバーなどの工具類

 

念のため、パンク時の替えのチューブやタイヤレバー

 

【小野こまちサイクルロードレース】クラス4当日の流れ

 

1.旧雁股田分校駐車場に駐車します。

 

2.旧雁股田分校校舎入り口で検温、消毒をして、中で受付をします。

 

 

 

2.1.受付で、【小野こまちサイクルロードレース】のリザルトページにのっている、参加カテゴリエントリーナンバーを伝えます。

 

 

2.2.計測チップ、結束バンド、ゼッケン、ピンセット×8個を受け取ります。

 

 

3.ロードバイクのフロントフォークに結束バンドで計測チップを取り付け、結束バンドの先の余った部分をハサミ又はペンチで切ります。

 

 

4.サイクルウェアの背中部分にゼッケンを2枚、ピンセットで取り付けます。

 

 

5.ロードバイクの点検、空気入れを行い、アップします。

 

※交通規制前なので、並列走行ダメ絶対! 警察の方が注意をしてました! また、地元の方が車で追い抜くのに大変そうでした。

 

6.開会式に参加します。

 

・地元の小野町長が挨拶に来て下さいました。

 

 

・レースの諸注意の連絡がありますので、必ず確認しましょう。

 

7.スタッフの指示に従って、各カテゴリごとに並びます。

 

8.スターターの合図で、スタートします。(約3.2㎞先でリアルスタート)

 

9.2週目の小町ダムの坂を上りきってゴールになります。

 

10.スタッフの指示に従って駐車場に戻ります。

 

11.大量の汗をかいているので、着替えをします。

 

12.計測チップを受付に返却して、参加賞をもらいます。

 

 

・飲み物(ダカラ又は水)と、新米、甘納豆、黒にんにくから1つ選べます。

 

 

・豚汁のおもてなしもありました。11月の寒さにありがたかったです。

 

 

13.YONEXGOKISOのブースが、旧雁股田分校に出展されていました。

 

 

また、KINAN Cycling Teamの選手がサイン会、ワンポイントレッスン、KIDSスクールを開催していました。

 

14.閉会式に参加します。(クラス4、50歳以上、女子、中学生、小学生は11時からで、それ以外は全てのカテゴリ終了後に行われました)

 

 

終了です。

 

【小野こまちサイクルロードレース】クラス4に参加した感想

 

今回は、開会式がスタート地点で行われるため、写真を撮るためにクラス4の先頭に並びました。

 

先頭のままスタートして、先導車の後ろを走っていたら、次々と抜かされて、あっという間に後方へ追いやられました。(パレードランという名の激しいポジション争いでした)

 

スタートから約3.2㎞先でリアルスタートしましたが、スタート直後に長い登り坂があり、先頭集団に追いつくことができず、追いかけるのを諦めました。

 

途中で中学生にも抜かされたりしながらも、何とかゴールできました。

 

タイムは、先頭から約8分差の約49分で、クラス4参加者54人中38番目でした。

 

 

 

ねこま
クラス4は、一応初心者クラスの位置付けなんですよね~。

 

周りから、先頭が速すぎるとのクレームが、ちらほら聞こえてました。

 

クラス4はそれでも足切りは5~6人でしたが、クラス3はもっと多くて、半分以上の方が足切りされてました。(汗)

 

今回、動画も撮影したのでご覧ください。

 

ロードバイク初心者が、フラットペダルでロードレースに参加したリアルが見られます。

 

 

まとめ

 

初心者向けの、ロードレース参戦に適したロードバイクは、

フレーム素材がアルミで、コンポーネントが105の、値段が15万円~20万円のもの。

 

初心者にオススメのレースはヒルクライム。

理由は、速度も遅いので比較的安全だから。

 

【ツール・ド・ふくしま】とは?

福島県内を巡る公道ロードレースシリーズ。

比較的参加しやすいレースとなっている。

 

【小野こまちサイクルロードレース】とは?

福島県田村郡小野町で行われるロードレース。

東日本地区の小中学生が集まる大会に位置付けられている。

 

【小野こまちサイクルロードレース】に参加した感想。

 

・受付 自動検温器自動消毒器が設置されていて、コロナ対策が取られていました。

 

・駐車場、トイレ 雁股田分校小野緑とのふれあいの森公園など、ダム近辺にも駐車場があり、余裕で駐車できました。トイレも特に混雑なく利用できました。

 

・出店、イベント YONEXGOKISOのブース出展。また、KINAN Cycling Teamのサイン会、ワンポイントレッスン、KIDSスクールが開催れていました。

 

・参加賞、おもてなし 飲み物1本と、新米、甘納豆、黒にんにくから選べ、豪華でした。また、豚汁のおもてなしがあり、おかわり自由でした。

 

・レース レベルが高い。フラットペダルでは限界だと感じたので、来年からはビンディングペダルで参加予定です。

 

【ツール・ド・ふくしま】シリーズは、

ロードレース、ヒルクライム、

タイムトライアルなどのレースが行われていて、

参加条件が厳しくないので、

初心者でも参加しやすいレースとなっています。

 

特に【あぶくま洞ヒルクライム】は、

比較的安全に参加できますし、足切りもないので、

初心者でも参加しやすくオススメです。

 

しかしながら、初心者クラスでもレベルが高いので、

しっかりと練習を積まれることをオススメします。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!