『ツール・ド・かつらお』開催地、葛尾村へのアクセス、オススメルートを福島県民が紹介します!(コンビニ、お店情報あり)

ロードバイク

こんにちは、

ミズとアブラ夫婦ブログのねこまです。

2021ツール・ド・ふくしま第1戦、

『ツール・ド・かつらお』が気になっているが

開催地の葛尾村に行ったことがなくて、

迷わず行けるかどうか不安だったり、

レースにエントリーしたので、練習に行きたいが、

コンビニやお店があるのか分からず、

不安に思っている方は多いのではないでしょうか?

私は、実際に葛尾村に何度も練習に行っていますが、

石井食堂ふれあいひろばヤマサ(コンビニ的なお店)などがありますが、

日曜日に練習に行くと、休みだったりするんですよね。(汗)

ですので、途中のコンビニやお店で買い物してから、

練習に行くようにしています。

それでは、初めての方でも迷わず行ける道順を、

お店の情報を交えながら説明して行きます。

葛尾村へのオススメのアクセス方法とは?

葛尾村へのアクセス方法としてオススメなのは、車です。

最寄駅の船引駅からは、約25キロの距離があり、遠いためです。

今回は、車での移動を前提に説明して行きます。

葛尾村へのアクセス方法詳細

最寄りの高速道路のIC、船引三春ICを降ります。

船引三春ICを降りてすぐの信号を右折して、

国道288号線田村市方面に向かいます。

近くに、24時間営業のガソリンスタンドや、

お土産屋さんがあるので便利ですよ。

ICから約1.5キロの信号機を右折します。目印はJA船引給油所の看板です。

ICから約6.5キロの信号機を左折して、

国道349号線川俣方面に向かいます。

目印はコンビニのミニストップです。

また、買い物をするならこの近辺がオススメです。

スーパー、コンビニ、ドラックストア、100円ショップ、

電気屋など一通りのお店がありますよ。

ICから約12キロのセブンイレブンが最後のコンビニになりますので、

トイレや買い物を済ませておきましょう。

ICから約14.5キロの信号機(工事中)を直進して、

県道50号線葛尾方面に向かいます。

少しわかりにくいので、注意してください。

ICから約19キロから22キロ付近まで、

道幅が少し狭くなるので、

車のすれ違いなど運転に注意してください。

ICから約25.5キロで葛尾村に入ります。

ICから約32キロで去年のメイン会場の、

『葛尾村復興交流館あぜりあ』に到着しました。

『2021ツール・ド・かつらお』のポスターも貼ってありましたよ。

後は、あぜりあに車を駐車して、練習に行きましょう!

トイレや駐輪場があり、コーヒーなども飲めるみたいで便利ですよ!

営業時間は、9時から17時で、

定休日が火曜日になっているので、

練習に行く時はご注意ください。

2021『ツール・ド・かつらお』

エントリー方法紹介してます→2021ツール・ド・ふくしま第1戦、『ツール・ド・かつらお』にエントリーしました!

2021年4月15日、エントリー終了しました(2021年5月20日追記)

関連記事→『ツール・ド・かつらお』28キロコース走ってみた感想と、どんなコースなのか紹介します。

関連記事→2021ツール・ド・福島第1戦『ツール・ド・かつらお』に、ロードバイク初心者が、フラットペダルで参加して来ました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました