【冬のロードバイク防寒対策】ウェアとアイテム失敗しない3つのポイント

ねこま
 こんな悩みありませんか?

 

悩める人
冬もロードバイクに乗りたいけど、どんな防寒対策が必要かわかりません

 

ねこま

ロードバイクに乗り始めて初めての冬を迎える方は、

冬のロードバイクがどの位寒いのか想像もつかなくて、

ウェアや防寒アイテムを間違えて、失敗してしまった人は結構多いのではないでしょうか?

 

  • 冬もロードバイクに乗りたいが、どんな防寒対策が必要かわからない
  • 冬のロードバイク防寒対策ウェアやアイテムを、どんな基準で選べばいいかわからない
  • 冬のロードバイク防寒対策で、おすすめのウェアやアイテムが知りたい

これらの悩みを解決します。

 

ねこま
初めまして、東北地方の福島県でロードバイクに約3年間乗っているねこまと申します

 

私の住む福島県は東北地方の南部にあり、北部に比べるとまだ暖かい方ですが、

12月になると雪が積もったり路面が凍結したりで、ロードバイクに乗れない日々が多くなります。

 

それでも、路面の状況がよいときに防寒対策をして、ロードバイクに乗っていますが、

間違った防寒対策で走りに行ってしまうと、凍えるほど冷えてしまいます

 

そして、それが原因で操作ミスで事故や怪我をしてしまう恐れもあります。

 

  • 速乾性
  • 保温性
  • 防風性

この3点がウェアやアイテムを選ぶ重要なポイントとなります。

 

この記事では、冬のロードバイクに大切な防寒対策や、解決するために必要な防寒アイテムの解説をします。

 

また、なぜ速乾性保温性防風性が必要なのか、解説をしていきます。

 

それでは、わかりやすく7分程で解説しますので、ぜひ最後まで読んでいってください。

 

目次

冬のロードバイクの防寒対策は【速乾性、保温性、防風性】の3つのポイントで選ぼう

 

冬のサイクルウェアは、基本的に重ね着で対応する

 

 

冬のサイクルウェアは、インナーは速乾性に優れたもの、

 

サイクルウェア保温性に優れたもの、

 

ウィンドブレーカー防風性に優れたものを重ね着して対応しましょう。

 

頭や耳、首元、指先、つま先は冷たい風から防寒アイテムで守る

 

頭や耳は、ウォームーキャップイヤーバンド

 

首元は、ネックウォーマー

 

顔全体を覆うことができるバラクラバ

 

指先は、ウィンターグローブ

 

つま先は、シューズカバー

 

これらのアイテムで、冷たい風から守りましょう。

 

冬のロードバイクの防寒対策は、細かい体温調節が大事

 

冬のロードバイクの防寒対策で、1番大事なのは体温調節です。

 

ある程度走ったり、登り坂では熱くなりますが、

走り始めや、下り坂は寒いので、そのつど、体温調節をする必要があります。

 

そのため、重ね着で対応するのが1番簡単です。

 

インナーは速乾性に優れたものを使用する

 

冬のロードバイクでインナーはとても重要です。

 

それは、かいた汗で体が冷えるのを防ぐ必要があるからです。

 

ですので、速乾性に優れているかをポイントに選ぶようにしましょう。

 

サイクルウェアは保温性に優れたものを使用する。

 

サイクルウェアは、動きやすく、保温性に優れた長袖やロングタイツのものを選んで、

体の熱を逃がさないようにしましょう

 

 

ウィンドブレーカーは防風性に優れたものを使用する

 

防風性に優れたウィンドブレーカーを使用することで、

外からの冷たい風をシャットアウトして、体が冷えることを防げます。

 

登り坂で熱くなれば、チャックを下ろしたり、脱いだりして体温調節が簡単にできます

 

また、コンパクトに収納できる物を選ぶこともポイントです。

 

頭や耳、首元、指先、つま先は想像以上に冷える

 

頭はヘルメットの通気性がよく想像以上に冷えます

 

耳や首元は露出しているので、想像以上に冷えます

 

指先は、冷たい風を直接受けるので想像以上に冷えます

 

つま先は、ビンディングシューズの通気性がよくて想像以上に冷えます

 

 

冬のロードバイク、体の部位別・防寒対策アイテム

 

寒さから頭を守る

 

ワークマンのウォームボア バラクラバ

 

 

眼以外の顔全体をスッポリと覆う防寒目出し帽なので、顔全体が暖かいです。

 

これがないと、冬のサイクリングは出来ないくらい必須アイテムです。

 

しかし、見た目が怪しいので、コンビニなどお店に入るには外してお店に入る必要があります。

 

そうなると冷えてしまうので、コンビニやお店に入る前提のロングライドの時は、

ウォームーキャップネックウォーマーなどの併用をおすすめします。

 

 

 

 

 

寒さから体を守る

 

ワークマンのMOVE ACTIVE(ムーブアクティブ)ピーチ起毛長袖ハーフジップ

 

 

裏地のピーチ起毛のおかげで、暖かく肌触りが良くて、

吸湿発熱素材のおかげで、暖かい着心地でした。

 

また、汗でベタベタでも、ハーフジップで脱着が簡単でした。

 

ワークマンのWARM LEGGINGS ウォームレギンス

 

 

ストレッチ生地のおかげで、ペダリングも特に問題ありませんでした。

 

吸湿発熱素材のおかげで、暖かい着心地でした。

 

おたふく手袋の冬用インナー長袖ハイネック

 

 

安くてコスパが良いと評判のおたふく手袋のインナー。

 

最近は、ワークマンのインナーを使用していますが、最初は使ってました。

 

パールイズミのウィンドブレ-ク ライトジャージ

 

 

薄手の防風素材【ウィンドブレーク ライト】を使用した気温10°対応のサイクルウェアです。

 

適度な保温性で、春先から、秋口まで対応可能なコスパに優れた1着です。

 

冬は、ウィンドブレーカーの着用で温度管理ができます。

 

 

パールイズミのウィンドブレーク タイツ

 

 

前面に防風性保温性を兼ね備えた【ウィンドブレーク】を使用していて、気温5°対応のサイクルタイツです。

 

足首まで覆うタイツタイプなので、寒い冬でも暖かいです。

 

 

パールイズミのウィンドブレーカー

 

 

軽量で防風性に優れる素材を使用しているので、寒い冬でも暖かいです。

 

また、コンパクトにたたんで収納できるので、持ち運びにも便利です。

 

→【パールイズミウィンドブレーカー】1分30秒で出来る畳み方を教えます

 

 

 

寒さから指先を守る

 

パールイズミのウィンドブレークサーモ グローブ

 

 

防風性保温性に優れた【ウィンドブレーク】を使用した、気温5°対応のグローブです。

 

 

超立体構造でバンドルやブレーキの操作性も問題ないです。

 

 

スマホ対応なのも便利です。

 

 

 

 

 

寒さからつま先を守る

 

パールイズミのウィンドブレークサーモ シューズカバー

 

 

防風性保温性に優れた【ウィンドブレーク】を使用した、気温0°対応のシューズカバーです。

 

 

さらに、つま先から足の甲まで中綿が二重になっていて、つま先が冷えるのを防ぎます。

 

 

フルオープンファスナーと、

 

 

足裏のマジックテープで装着も簡単です。

 

 

 

 

まとめ 冬のロードバイクは正しい防寒対策で快適に走ろう

 

ねこま
いかがでしたか?

 

  • 速乾性
  • 保温性
  • 防風性

この3点がウェアやアイテムを選ぶ重要なポイントとなります。

 

短距離のサイクリングなら防寒対策を間違えても、

運動強度を上げて一気に走れば何とかなりますが、

 

長距離のサイクリングでは体温調節が必須ですので、

正しい防寒対策で快適に走りましょう。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!