高配当株投資を始めて、一年間で貰った配当金などが、約月1万円になりました!

こんにちは、

ミズとアブラ夫婦ブログのねこまです。

 

 

高配当株投資を2020年7月から初めて約1年になりました。

 

 

1年前は、株投資配当金なんて何もわからなかったのに、

 

今では、月1万円の配当金を頂けるまでになりました

 

40代でも、まだまだ成長できることを実感しました。

 

高配当株投資を1年間続けた詳細や、

感想など、感じたことを説明していきます。

 

高配当株投資を1年間続けた結果とは?

 

貰った配当金は、2020年が32,117円。

 

2021年が79,337円で合計111,454円。

 

貸株配当金が、2020年、2021年合計3,746円。

 

貸株料が2020年が2,039円。

 

2021年が4,990円で合計7,029円。

 

全て合計すると122,229円になりました。

月換算だと、122,229円÷12ヶ月=10,185.75円。

 

高配当株投資で約月1万円の配当金などを、頂くことが出来ました。

 

また、株投資金額は合計で4,119,000円なので、

年率約3%の配当金などを頂くことが出来ました。

 

例えば、楽天銀行だと金利が0.1%なので、

同じ金額を預けると利息が、4119円です。

 

高配当株投資の年率が約3%で122,229円ですので、

その差は30倍になります。

 

 
ねこま
こうしてみると、かなり大きな差ですね。(汗)

 

もちろん、株投資リスクがあります。

 

今現在、私が持っている株は21銘柄ですが、

その内3銘柄は株価が買った当時より下がっています。

 

しかも、1銘柄は半値近くまで下げています。

 

しかし、全体でみると約64万円のプラスですし、

 

 

2銘柄ほど株価が倍になっているものもありますので、

トータルでみると、株投資は成功しているかなと思います。

 

 
ねこま

出来れば全銘柄プラスが理想ですが、

株は生き物とはよく言ったもので、

なかなかうまい具合にはいかないようです。

 

 

高配当株投資を1年間続けた感想とは?

 

苦労したところ

 

最初は高配当株を探すことが大変でした。

 

単純に高配当な株を探すだけなら、

高配当株ランキング上位のものを買えばいいだけですが、

 

それでは不十分で、会社の業績、決算、

財務状況などを踏まえて、

トータルで考える必要があり、大変でした。

 

良かったところ

 

配当金が約月1万円貰えるようになったこと。

 

メガバンクの金利の100倍といわれる、

楽天銀行金利でさえ0.1%なのに、

 

高配当株投資だと約3%で運用できたこと。(約30倍)

 

まだ、月1万円ですが、

仕事の給料以外に収入源ができたことが、

素直にうれしいです。

 

今後の予定としては、

 

貰った配当金で高配当株の購入をする予定です

 

また、もう少しリスクを取って、

貯金の割合を減らし、

高配当株投資を進めていきたいと思います。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

最新情報をチェックしよう!