猫好きにオススメ!漫画『ねこようかい』の紹介

こんにちは、

ミズとアブラ夫婦ブログのねこまです。

 

 

今回は、オススメのねこ漫画を紹介します。

 

それは、『ねこようかい』です。

 

 

 

この本の筆者 

 

ぱんだにあ

 

日本の漫画家、イラストレーター。

 

2015年11月から作者のTwitterや、

ブログで公開が始まった『ねこようかい』が、

 

『まんがライフオリジナル』にて連載開始。商業誌デビュー。

 

単行本第1巻がバンブーコミックスから発売される。

 

主な作品は、『悪の秘密結社ネコ』マトグロッソ連載(イースト・プレス)。

 

『にゃんと!ねこむかしばなし』(KADOKAWA)などがあり、

 

2021年4月からねこようかいの新派生シリーズである、

『ねこモンスター』がまんがらいふWINにて連載開始。

 

この本のあらすじ 

 

猫と妖怪を掛け合わせたような、『ねこようかい』と呼ばれる不思議で個性的な生き物たちと、

彼らと共に暮らす、または、関わりのある人間たちとの日常を描いている。

 

この本のジャンル 

 

猫に癒される系の、思わずクスリと笑ってしまう漫画です。

 

この本のボリューム 

 

基本的に、四コマ漫画で構成されているので、凄く読みやすいです。

 

サクサク読めるので、一冊20分位で読めます。

 

ただ、同じ値段の『猫ピッチャー』と比べると、

少しボリュームが少ないかなと感じました。

 

この本の感想 

 

この漫画は、ねこが妖怪なのが、とても面白いです。

 

ねこようかいは、もちろんかわいいですが、

一緒に暮らす人間も、かわいいです。

 

特に、人魚と暮らす会長は、

普段とのギャップがあって、すごくかわいいです。

 

 

疲れた時などチョット読むと、癒される内容になっています。

 

 

奇妙でかわいい『ねこようかい』に、

ぜひ癒されてみてください。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

最新情報をチェックしよう!