猫好きにオススメ!漫画『猫と竜』紹介

ネコグッズ集め

こんにちは、

ミズとアブラ夫婦ブログのねこまです。

今回は、私がオススメする漫画を紹介します。

それは、『猫と竜』です。

猫と竜の筆者

漫画:佐々木泉 原作:アマラ キャラクター原案:大熊まい

原作者プロフィール 

東京の秘境、多摩川流域に住む猫に似た生物。

性格は比較的獰猛で、肉と麺類を好む。

住処から離れることを極端に嫌うが、

まれに自転車などで移動することもある。

ただ、おいしいものには目がなく、

何か食べたくなると電車などを利用して遠くへも出かける。

普段は釣りをしたり、ゲームをしたりして生活している。

あと、たまに小説を書く。

著者に『神様は異世界にお引越ししました』シリーズ、

『魔女と使い魔の猫』(ともに宝島社刊)などがある。

猫と竜のあらすじ

魔獣の住む森の奥で、1匹の火吹き竜が猫たちと暮らしていた。

竜はこの森で、猫に育てられたのだ。

長きにわたり森の猫を守り育てる竜を、

猫たちは『羽のおじちゃん』と呼び、

人間は畏怖と敬意をこめて、『猫竜』と呼んだ。

これは、猫と竜と人間の、温かくて不思議で、ちょっと切ない物語。

猫と竜のジャンル 

猫に癒される系の、心に染みる優しいファンタジー

猫と竜の感想 

猫と竜は、自由気ままな猫と、

心配性な竜のほんわかとした日常が、

読んでいてとても癒されてます。

また、竜は、母猫に育てられるのですが、

母猫がいろんな意味で最強で面白いです。

猫と竜、猫と人、竜と人。

それぞれの様々な絆が折り重なって、

心に染みる暖かい物語となっていてオススメです。

竜も猫になるのでかわいいですよ。

関連記事→猫好きにオススメ!漫画『猫ピッチャー』紹介

関連記事→猫好きがカラオケで歌うと盛り上がる曲、『NEKOSAMA』紹介

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました