たった4分で体が変わる!書籍【タバタ式トレーニング】レビュー

 
ねこま
こんな悩みありませんか?
 
 
悩める人
タバタ式トレーニングの効果や、正しいやり方が知りたいので、おすすめの本が知りたいです!

 

 
ねこま
タバタ式トレーニングは、短時間で高い効果が期待できるトレーニングなんですが、瘦せるトレーニングだと誤解されている方は多いのではないでしょうか?
 
  • タバタ式トレーニングの効果や、正しいやり方が知りたい
  • タバタ式トレーニングで瘦せることができるのか知りたい

これらの悩みを解決します。  

 

 
ねこま
初めまして、タバタ式トレーニング7ヶ月継続で、体重2.3㎏、体脂肪率4.3%減少できたねこまと申します

 

タバタ式トレーニングは、短時間で高い効果が期待できるっていうけど、

 

「そんな夢のようなトレーニングがあるはずがない!」と思っていませんか?

 

そこで、立命館大学スポーツ健康科学部教授の田畑泉教授が書かれた、

【真】のタバタ式トレーニングを紹介している、書籍、

【究極の科学的肉体改造メソット タバタ式トレーニング】がおすすめです。

 

  • タバタ式トレーニングは、20秒間の運動を10秒の休憩をはさみ、6~8回行って疲労困憊にいたるような運動
  • タバタ式トレーニングは、持久力と、中距離の能力を改善させる効果がある
  • タバタ式トレーニングは、瘦せるトレーニングと誤解されている。

これらの内容が詳しく説明されています。 

 

それでは、【究極の科学的肉体改造メソット タバタ式トレーニング】について、

わかりやすく5分程で解説していきますので、最後まで読んでいってください。  

 

究極の科学的肉体改造メソット タバタ式トレーニング】の書籍情報

 

 

書籍情報

 

タイトル 究極の科学的肉体改造メソット タバタ式トレーニング
筆者 立命館大学スポーツ健康科学部教授 田畑泉
出版社 株式会社 扶桑社
発売日

2015年7月10日

 

備考  

 

内容のあらすじ

 

  海外で人気のトレーニング、実は日本発祥だった!

 

タバタ式トレーニングは、海外では知名度の高いトレーニングとして知られていましたが、

日本では、ほとんど知られおらず、後に、逆輸入のような形で日本に入ってきました。

 

そんな、タバタ式トレーニングですが、

スピードスケートの、日本ナショナルチームヘッドコーチだった入澤孝一先生が考案し、

そのトレーニングの有用性と科学性に関する研究結果を発表した、田畑泉教授の論文がベースになっています。

 

しかし、動画サイトに上がっている【タバタ式トレーニング】を見ると、

どうもそれらは、筆者らが論文で書いた、理論に基づいているとは思えないものが多数あり、

誤解されたまま広がっている感が否めません。

 

今回この本で、真の【タバタ式トレーニング】を紹介することが可能となり、

本当にうれしく思っています。

 

一般の読者の皆様や、競技にたずさわる方、

エクササイズの専門家の方たちが、タバタ式トレーニングの本当の目的と、

方法を理解していただき、タバタ式トレーニングを楽しんでもらえたら幸いです。

 

 

【究極の科学的肉体改造メソット タバタ式トレーニング】の評価と感想

 

タバタ式トレーニングは、ハードなトレーニング

 

タバタ式トレーニングは、スピードスケートの、

日本ナショナルチームヘッドコーチだった入澤孝一先生が、

選手の指導として採用していたトレーニングです。

 

オリンピック選手を育てた、ハードなトレーニングとして知られています。

 

タバタ式トレーニングの効果は、持久力を10%、中距離の能力を30%改善させる

 

  • 持久力を10%改善
  • 中距離の能力を30%改善
  • 有酸素性、無酸素性2つのエネルギー供給系をいっぺんに鍛えられる
  • 代謝が高い状態を24時間維持できる

これらの効果が期待できます。

 

タバタ式トレーニングの正しいやり方は、疲労困憊まで追い込むこと

 

タバタ式トレーニングの正しいやり方は、

【10秒間の休憩を挟み、20秒間の強度の高い運動を8セット行い、疲労困憊に至るようなトレーニング】

となっています。

 

1回行えば、その日は同じ強度の運動はもうできないくらいでやる必要があります。

 

タバタ式トレーニングは瘦せるトレーニングではない

 

タバタ式トレーニングで最も多い誤解が、「タバタ式トレーニングは瘦せることができる」です。

そもそもタバタ式トレーニングは、短時間のトレーニングなので、脂肪はそれほど燃焼しません。

 

しかし、タバタ式トレーニングで身体能力が強化された結果、

日々の生活が活発になり、副次的に瘦せることはあるかもしれません。

 

究極の科学的肉体改造メソット タバタ式トレーニング】の感想

 

 

私は、タバタ式トレーニングを主に、3本ローラー台で行っていました。

しかし、3本ローラー台は固定されていないため、

正直限界まで追い込んでいたかと言われると少し疑問なんですが、それでも高い効果を感じられました。

 

タバタ式トレーニングを7ヶ月継続して行った結果はこのようになりました。

  • 体重2.3㎏減少
  • 体脂肪率4.3%減少
  • ロードレースで完走できる筋力とスタミナがついた

となりました。

 

まとめ タバタ式トレーニングの正しいやり方は、1度で疲労困憊に追い込む

 

 
ねこま
いかがでしたか?

 

  • タバタ式トレーニングは、20秒間の運動を10秒の休憩をはさみ、6~8回行って疲労困憊にいたるような運動
  • タバタ式トレーニングは、持久力と、中距離の能力を改善させる効果がある
  • タバタ式トレーニングは、瘦せるトレーニングと誤解されている。

これらのことを学びました。

 

私は、【ツール・ド・福島】という自転車レースに参加していて、

磐梯吾妻スカイラインなど、本格的な峠道で行われたレースもあったのですが、

そんな過酷なレースでも、完走する筋力とスタミナをつけることできました。

 

 

合わせて読みたい

  ねこま こんな悩みありませんか?     悩める人 集中力が続かなくて、長く運動するのが苦手です。短時間で出来る、効果が高いトレーニングはありませんか?   […]

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

最新情報をチェックしよう!