【「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本】のレビュー。

 
ねこま
こんな悩みありませんか?
 
 
悩める人
禁酒したいので、おすすめの本が知りたいです!

 

 
ねこま
禁酒をすると、どんなメリットがあるのか?また、お酒は、適量だと体にもいいって聞くし、適度に付き合ったら楽しくなれるから、やめられないと思っている方は多いのではないでしょうか?

 

  • 禁酒にオススメの本が知りたい
  • 禁酒するとどんなメリットがあるのか知りたい
  • 【酒は百薬の長】は、本当なのか知りたい

これらの悩みを解決します。

 

 
ねこま
初めまして、6ヶ月の禁酒ダイエットで、脱メタボを達成したねこまと申します。

 

お酒は、適量だと体にもいいって聞くし、

適度に付き合ったら楽しくなれるから、やめられないですよね?

 

でも、年を重ねるにつれて、お腹の脂肪や体重が増えてきて、

健康診断で、肝臓や血圧の数値が高くなってしまって、

お酒は本当に健康に良いのか、疑問に思っていませんか?

 

そこで、お酒の正体や、禁酒のメリットがわかる、

【「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本】がおすすめです。

 

  • お酒の正体は、【薬物】である
  • 【酒は百薬の長】と言われているが、多くの病気が、お酒から起こっている
  • お酒をやめると、人生が一変する程のメリットがある

これらの内容が詳しく説明されています。

 

それでは、【「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本】について、

わかりやすく6分程で解説していきますので、最後まで読んでいってください。

 

【「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本】の書籍情報

 

 

書籍情報

 

タイトル 「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本
筆者 東京アルコール医療総合センター・センター長 垣淵洋一
出版社 青春出版社
発売日 2020年12月20日
備考  

 

 

内容のあらすじ

 

【お酒のない人生】を選び取ろう。

 

お酒の飲み方を一から見直し、より健康で充実した人生を始めようとしている、

人をお手伝いする本です。

 

  • 将来に向けて「お酒はやめた方がよさそうだ」と漠然と考えている人
  • 「『禁煙』はできたんだから『禁酒』もできるんじゃないか。もしかしたら、お酒って人生に必要ないものかも」と前向きに考えている人
  • すでに飲酒の影響が体の不調に現れたり、仕事や人間関係に支障が出てたりしている人

 

このように考えている人や、今まさに家族や親しい人の飲酒問題に直面している人、

お酒が身近にあるすべての人に向けて、生活の質がすぐ向上する知識と術をお伝えします。

 

 
ねこま
アルコールとは一体どんなもので、飲み続けるとどうなるのか?

 

 
悩める人
禁酒するには、どんな考え方で何から始めればいいか?

 

まずは基本を知ることから始めましょう。

 

 

 

【「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本】の評価と感想

 

ほとんどの人が知らない?アルコールの正体は【薬物】です

 

 
 
アルコールとは一体何でしょう?

 

  1.嗜好品  2.食品  3.薬物  

 

アルコールは、水、米、野菜、肉や魚のように生きるために必要なものではないので、

食品ではありません。  

 

その人の好みで飲んでも飲まなくても良いから、

嗜好品と理解されることも多いですが、  

脳と体への影響を考えるとれっきとした【薬物】です。  

 

つまり、正解は【3】になります。
 

例えば、アルコールの一気飲みなどによる【急性アルコール中毒】は、

代表的なアルコールの副作用で、最悪、死に至ります  

 

このように、飲み方を誤れば、

強烈な副作用が表れ、命さえも脅かされます。  

 

私たちが、普段何気なく飲んでいるクスリと同じように、

アルコールにも効果副作用があり、

れっきとした【薬物】なんです。

 

飲酒問題がもたらす悪影響

 

 

飲酒問題がもたらす悪影響は多岐にわたり、

整理すると大きく以下の6項目に分類できます。  

 

  • 【健康】:肝障害、糖尿病、外傷、うつ病、認知症など。
  • 【家庭】:DV、ネグレクト、育児虐待、不和、別居、離婚、家族離散など。
  • 【職場】:勤怠問題、休職、退職、失業など。
  • 経済】:貧困、生活苦、借金など。
  • 司法】:飲酒運転による事故など。
  • 【霊性】:人生の方向性を見失う。

 

  これらは、突然まとめて起こるのではなく、

少しずつ時間をかけて進行します。  

 

お金に例えれば、

数十年も気づかずに不良債権が積みあがっていって、

リーマンショックのように破綻してから、

ようやく気づくなんてことになる危険性があるのです。  

 

特に、家庭内の問題では、

禁酒できないために、夫婦間に亀裂が入り、

離婚に至るケースがとても多いです。  

 

それほど、飲酒は家庭にも深刻な悪影響を及ぼす可能性があります

 

 

お酒を辞めるメリット、デメリット

 

 

お酒を辞めるメリットは以下の通りです。

 

  • ぐっすり眠れるようになる。
  • 夕食の量と体重が減る。
  • 肌の調子がよくなる。
  • 出費が抑えられる。
  • 生活習慣病や、がんのリスクが低くなる。
  • 思考がクリアになる。
  • 時間にゆとりができる。

 

このように、肉体的な効果を考えると、メリットがとても大きいことが分かります。

 

逆にデメリットは、飲酒で、ストレス解消や、飲み会で仲間と楽しく過ごせるなど、

肉体的な効果ではなく、精神的な効果が得られないことです。

 

このように、メリット、デメリットを改めて考えたときに、

「そうか、お酒を飲まない方が健康でいられるんだ」と思えば、

「ならばお酒を辞めてみよう(減らしてみよう)!」と、禁酒減酒の流れを作りやすくなります。

 

【「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本】の感想

 

 

まず、衝撃を受けたのが、アルコールは【薬物】だということ  

 

これで、アルコールに対する意識が変わりました。  

 

そこから、お酒をやめるメリット、

お酒をやめる仕組み作りを学び、実践しました。

 

  結果的に、2杯目以降をノンアルコールに切り替えるようにしたことは

非常に効果がありました。  

 

 ノンアルコール12種類を比較、ダイエットにオススメは【からだを想うオールフリー】

 

次の日、二日酔で後悔することもなく、

せっかくの休日をダラダラ過ごすことも無くなりました。

 

最終的には、6ヶ月で脱メタボを達成することができました。

 

 半日断食ダイエットを10ヶ月、禁酒(減酒)を6ヶ月やってみた結果とは?健康診断の結果もあるよ

 

まとめ お酒は脳と体への影響を考えると【薬物】です

 

 
ねこま
いかがでしたか?

 

  •   アルコールは、脳と体への影響を考えると、れっきとした【薬物】であること
  • 飲酒は家庭にも深刻な悪影響を及ぼす可能性があること
  • 禁酒を成功に導くために必要な行動は、【見える化】すると、【宣言】すること

これらのことを学びました。

 

周りに相談したりしながら、

禁酒(減酒)を進め行くことも大切です。

 

 

合わせて読みたい

  ねこま こんな悩みありませんか?     悩んる人 お酒が大好きで、仕事終わりに毎日晩酌していたら、健康診断でメタボ判定を受けてしまって困っています   […]

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!