投資初心者が、楽天証券で積立NISAを始める、オススメの理由とは?

旦那ブログ

こんにちは、

ミズとアブラ夫婦ブログのねこまです。

最近よくNISAや、積立NISAをテレビとかで見かけるようになって、

お得だって話を聞くけど、実際よくわからないし、株とか証券って聞くと不安がある。

また、始めてみたいけど、どうやって始めていいのかわからない

などの疑問不安を感じていませんか?

私も、株や証券は金持ちがやることで、普通の人がやっても損するだけ。

株で損するくらいなら、貯金の方が100倍ましと思っていました。

しかし、お金の勉強をすることで、これからの時代は、株投資が必須であると気づきました。

そこで、私が、オススメしたいのは、

楽天証券で積立NISAを始めることです

積立NISAとは

積立NISAとは、小額投資非課税制度のことで、

小額投資非課税制度には、NISAと、積立NISAがあります。

小額投資非課税制度の特徴は、売却益や、分配金(配当金や利息など)が非課税

年間に投資できる金額に上限がある、の2点です。

ちなみに、一般口座は、投資できる金額に上限はないが、約20%課税されます。

例えば、10万円の利益が出たとすると、

一般口座約20%税金がかかるので、

約2万円の税金が引かれて手元に入るのは約8万円。

NISA積立NISA口座は、税金がかからないので、

まるまる10万円手元に入ります。

NISAと積立NISAの違い

NISA 

  • 運用期間 5年 
  • 買い方  自由 
  • 非課税額 年間120万円まで 
  • 対象商品 幅広い商品

積立NISA 

  • 運用期間 20年 
  • 買い方  積立方式 
  • 非課税額 年間40万円まで 
  • 対象商品 金融庁が認めた商品

注意点は、NISA口座積立NISA口座は同時に持つことができません。

積立NISAがオススメな理由

  • 単純に税金がかからない。
  • 運用期間が長く、長期投資に向いている。
  • 長期投資が良いとされる理由は、15年以上の長期投資では収支が安定して、誰一人として損をしないというデータがあるから。
  • 金融庁が認めた商品しかないから、大きく失敗しにくい。
  • 非課税額が年間40万円までなので、毎月コツコツと続けやすい。(毎月約3万円)

楽天証券で積立NISAを始めるオススメの理由

  • 楽天銀行と楽天証券のマネーブリッジの設定で、楽天銀行金利が0.1%。(日本のメガバンクの100倍)
  • ハッピープログラムのエントリーで、証券口座残高によって、ポイント還元。(投資信託の残高10万円ごとに毎月4ポイント)
  • 楽天カードでの積み立て設定で、積立金の1%がポイント還元。(毎月3万円だったら、300ポイント×12ヶ月で、年間6000ポイント還元)
  • 楽天ポイントでの投信買付で、楽天市場でのポイント還元プラス1%。

まとめ

  • 小額投資非課税制度には、NISAと、積立NISAがある。
  • 小額投資非課税制度は売却益や、分配金が非課税だが、年間に投資できる金額に上限がある。
  • NISA積立NISAの違いは、運用期間の長さや、年間非課税額などさまざま。
  • NISA口座積立NISA口座は、同時に持つことができない。
  • 積立NISAがオススメな理由は、運用期間が長く、長期投資に向いているため。
  • 金融庁が認めた商品しかないから、大きく失敗しにくい。
  • 非課税額が年間40万円までなので、毎月コツコツと続けやすい。
  • 楽天証券で積立NISAを始めると、楽天銀行金利が0.1%になったり、ポイント還元があったりでお得である。

NISA積立NISAのような、小額投資非課税制度は、

日本政府が、『国民の皆さん、非課税にするんで、タンス預金はやめて、もっと投資してください!』

と言ってるような制度なので、

使わない理由はなく、むしろ使わないと、もったいないです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました