ロードバイク初心者にビンディングペダルはオススメか?

ロードバイク

こんにちは、

ミズとアブラ夫婦ブログのねこまです。

ロードバイクを始めてみて、いろいろと調べていくうちに、

ビンディングペダルがいいって聞くけど、どうなの?

ペダルとシューズが固定されていて、いざって時に危なくないの?

などの疑問や不安を感じていませんか?

私は、初心者にビンディングペダルオススメ出来ないと思っています。

私が、実際にビンディングペダルを使用して、感じたこと、経験談、

また、フラットペダルロードレースに参加して感じたことなどを、

順を追って説明していきます。

ビンディングペダルとは?

ビンディングペダルとは、専用のシューズを使用する事で、

シューズと、ペダルを固定出来るようにする物です。

シューズとペダルを固定することで、ペダルを踏むだけではなく、

引き上げて回すことができるようになります。

それにより、効率よく力を伝達できるので、

楽に自転車を走らせることができるようになります。

ビンディングペダルの種類

世界的に有名なコンポーネントメーカーSHIMANOで説明します。

ロードバイク向けペダルSPD-SL

特徴は、固定力が強くて、取り外しにくい。重量は軽い。

MTB向けペダルSPD

特徴は、固定力が弱くて、取り外ししやすい。重量は重い。

ビンディングペダルのメリット

ペダルを踏むだけではなく、引き上げて回すことができ、

効率よく自転車に力を伝達できる。

足が滑らない(ずれない)ので、力をかけやすい。雨の日など特に。

ペダリングが安定することで、

楽に、速く、遠くまで走れるようになる。

ビンディングペダルのデメリット

ペダルを引き上げる動作は難しく、練習しないと正直出来ない。

慣れないと、とっさにシューズを外せず、転倒する。

専用のシューズや、クリートと呼ばれる固定具が必要になる。

SPD-SLの専用シューズは歩きずらいので、目的地で、靴を履き替える必要がある。

私は一度、ビンディングペダルを使用して転倒して怪我をしたことがあります。

めちゃくちゃ痛くて、軽くトラウマになったことを、今でも覚えています。(汗)

やはり、普段は大丈夫でも、いざという時外せないと危険だと思いました。

このことがきっかけで、フラットペダルにしました。

フラットペダルでも、問題無くロードレースに参加出来ています。

関連記事→2021ツール・ド・福島第1戦『ツール・ド・かつらお』に、ロードバイク初心者が、フラットペダルで参加して来ました。

参加者でフラットペダルの人は、ほとんどいませんけどね。(笑)

しかし、ビンディングペダルでも、フラットペダルの私より、

遅い人はたくさんいました。

ビンディングペダルだから、フラットペダルより、

必ずしも早いわけではないようです。

まとめ

  • ビンディングペダルとは、シューズと、ペダルを固定出来るようにする物
  • ロードバイク向けペダルSPD-SLは、固定力が強くて、取り外しにくい
  • MTB向けペダルSPDは、固定力が弱くて、取り外ししやすい。
  • ペダルを踏むだけではなく、引き上げて回すことができ、効率よく自転車に力を伝達できる。
  • 足が滑らない(ずれない)ので、力をかけやすい。
  • ペダルを引き上げる動作は難しい。
  • 慣れないと、とっさにシューズを外せず、転倒する。
  • 専用のシューズや、クリートと呼ばれる固定具が必要になる。
  • SPD-SLの専用シューズは歩きずらいので、目的地で、靴を履き替える必要がある。
  • ビンディングペダルだから、フラットペダルより、必ずしも速いわけではない。

初心者にビンディングペダルは正直危ないので、必要ないと思います。

最初は、フラットペダルロードバイクを安全に走らせるスキルを磨いて行って、

慣れてきたら、ビンディングペダルにシフトしていくのがいいかと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました